最近の話題(花粉症の季節の過ごし方)

スギ花粉症の季節の過ごし方

 今年もスギ花粉症の季節がやってきます。くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど憂鬱な気分になる方も多いと思います。そこで、スギ花粉症の季節の過ごし方について書きたいと思います。対策は大きく分けて2つ、①薬の利用と②スギ花粉を上手に避けることです。

①花粉症の季節の薬について
 ❶初期療法:毎年花粉症に悩む人は、インターネットなどで飛散予測日を調べ、その1週間前くらい、または症状が始まったらすぐ薬の服用を始めます。抗ヒスタミン薬が代表的な薬です。眠気の出やすいが効果の発現が速い第1世代、眠気の少ない第2世代があります。鼻づまりのひどい人は抗ロイコトリエン薬が効きます。漢方薬が合う人もいます。❷導入療法:症状が強くなったら薬が1種類では効かない事があります。抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、漢方薬にステロイド点鼻、短期間のステロイド内服などを考慮します。❸維持療法:薬が効いたらその薬を花粉飛散終了まで続けます。
 舌下免疫療法、手術療法は飛散の季節には出来ません。季節前に受診お願いします。

②スギ花粉を避けるには
 花粉症の対策の基本はスギ花粉を避けることです。では、どの様に過ごしたらいいのでしょうか。
 まずはインターネットなどで飛散情報を集めましょう。そして飛散が始まったら、飛散の多い日、時間帯の外出を控えます。気温が上昇すると花粉は飛散します。天気のいい暖かい日、風の強い日は危ないです。日中より朝、夕方の方が飛散は少ないので外出にはお勧めです。外出時はマスク、メガネが効果的です。花粉はウイルスより粒子が大きく、マスクの性能はあまり関係ありません。メガネは普通のもので花粉量を2/3に、花粉専用メガネで花粉量を1/3にするといわれています。
 そして、花粉を家に入れない工夫も必要です。換気は、朝、夕に行い、レースのカーテンで花粉の侵入を2/3に、窓の開窓を10センチにすることで1/6に減らせるそうです。また、帰宅したときの服にも花粉は付着しています。表面のツルツルしたナイロンコートような服装が望ましく、家に入る前に花粉を払って入室します。花粉は粒子が大きく、すぐ床に落下するので床掃除も有効です。窓際を丁寧にします。

 最後に、熱が出る、黄色い鼻が出る、痛みがあるなどは花粉症の症状ではありません。受診をお勧めします。